緩和ケア

1月8日と15日に緩和ケアの研修会に行ってきました.
このため土曜日の外来を少し早めに終了し,お急ぎの患者様にはご迷惑をおかけしました.

みなさん緩和ケアって知っていますか?
緩和ケアとは,主にガン患者さんの不快な症状を緩和するためのケアです.
日本の死因統計によると,日本人の死因の第1位は悪性新生物すなわちガンです.
ガンでお亡くなりになっているのですから,治療経過中に必ず緩和ケアを受けることになります.

みなさん,まだ他人事と考えていませんか?
生きていれば人間は必ずいつかは死にます.日本ではガンでなくなる確率が一番高いのです.
いつかは緩和ケアのお世話になる日がやってくるのです.

厚生労働省は,がん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画(平成19年6月15日閣議決定)において,「すべてのがん診療に携わる医師が研修等により,緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことを目標としています.
これを受けて全国各地で緩和ケアの研修会が開催されています.
今回,PEACE projectという緩和ケア研修会を受けてきました.

私がまだ医学生だった頃は緩和ケアにかんする授業は少なく,医師になってから現場に放り込まれて肌で学ぶような状況でした.まさに患者さんから教えて頂くということで鍛えられました.
これまでにも多くのガン患者さんの臨終に付き添ってきましたから,今回の研修を少し甘く考えて参加しました.

とてもハードな2日間でした.
投薬テクニックなどは既知のことですので,それまでの知識を再確認する程度で全く疲れません.
しかし,ロールプレイというセッションが組み込まれていて,これが精神的にもかなり疲れました.
ロールプレイでは,参加者同士が医師ー患者ー評価者役になりきって,シビアな病状説明を行う「劇」を演じて,お互いの診療を評価し合うということを行います.
これを役を入れ替えて,グルグルいろいろな劇を続けるのです.
参加者が皆ドクター(しかも大きい病院の院長先生とか,部長の先生とか第一線の先生ばかり)ですので,ドクター同士で劇を行います.

普段,自分の診療スタイルを同業者から評価されることに慣れていないので,医師役もそれなりに疲れるのですが,なんといっても患者役はつかれました.
患者背景や病状をかなりリアルに設定して,しっかり役作りをして劇を演じるので,作り話だとは分かっていても第一線のドクターから,進行がんで治癒が見込めないことを告知されると,精神的に結構疲れます.

医師役のときに周囲のドクターから評価されたことより,患者役として感じたことが,今後の自分の診療スタイルに多いに役立ったと感じました.

写真は今回,会場で研修会を開催していただいた北里研究所病院さんです.

hokken.jpg


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 緩和ケア

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://shibaura-naika.com/mt/mt-tb.cgi/87

コメントする

このブログ記事について

このページは、院長が2011年1月17日 00:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成二十三年 あけましておめでとうございます」です。

次のブログ記事は「東日本大震災」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01