2009年7月アーカイブ

健康診断の季節です.
7月より港区の健康診断特定健診基本健診がん検診)が始まりました.
対象の方にはみなと保健所より通知が送られて来ていることと存じます.

生活習慣病や悪性腫瘍(癌)は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません.
検査で確認する以外には方法がありません.
ぜひ,この健診シーズンの機会に区民健康診断を利用して,健康状態をチェックしましょう!

当院での区民健診は基本的には予約とさせて頂いております.
ご希望の方は診療時間内に直接クリニックまでご連絡ください.

各種がん健診では当院で検査可能なものと他医療機関でお願いしているものがございます.
がん検診受診券に添付されている医療機関名簿でご確認の上,ご予約下さい.
特に乳がん検診(視触診)で女性医師をご希望の方は,日時が限られておりますので,予約の際にご相談下さい.
あっというまに2ヶ月もブログ更新をサボってしまいました.
新型インフルエンザに関する発熱情報センターについての記事は,なるべく長くトップページにしておくべきだと思われましたので,ブログ更新は控えるようにしていました.
新型インフルエンザも一段落し,発熱情報センターのことも区民に周知されているようですので,久々にブログ更新を再開します.
言い訳はこれくらいにして,今日は私の好きな言葉をご紹介したいと思います.

Guérir quelquefois, Soulanger souvent, Consoler toujours

フランス語で良く分かりませんが,
「ときに癒し,しばしば支え,つねに慰む」

と訳される事が多いようです.
結核医療に尽力された米国ドクターの像に彫られている言葉です.
色々な和訳がされているのですが,私が特に好きなのが次の和訳です(何の本で見たのかは忘れてしまったのですが).

ときには治せることも
しばしば救えることも
しかし癒すことは常にできる

医師になって10年もすると何でも出来るような気になります.
その気になって,最先端の医療で,なりふりかまわず全力で病気と闘ってみるのですが,
でもどうにもならないことがあるんです.
不眠不休で色々やってみたけど,結局のところ一番私に出来て良かったと思えたことは,患者さんのベッドサイドに最期まで付き添えたことだけだった.ということが多く経験されます.

そんな時にこの言葉は心にしみるんですよ.

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01